夫婦間の問題としてセックスレスが挙げられる

割合について

カップル

レスの基準について理解しておく

近年、夫婦間でのセックスレスが増えてきていることがとれも話題になってきています。これは、少子高齢化にも繋がる問題と言われているのです。基本的に、最近では女性も社会で働くようになり、夫婦ともども仕事で疲れていることが多いと言われています。また、そこに育児をする必要が出てくると、とてもセックスどころではないでしょう。このような理由から、セックスレスの夫婦が増えてきていると言われています。基本的にレスの基準としては、1ヶ月以上セクシャルなコンタクトがない状態とされているのです。セクシャルなコンタクトとは身体を触ったり、キスをしたりという行為も含まれています。これはきちんとした基準になるので、単純にセックスの階数が少なくなった場合はレスだと感じることもあるでしょう。

全体の半分以上がレスとされている

国内では、全体の半分程度の夫婦がセックスレスになっていると言われています。また、年々その数は増加しているため、全体の半分以上の夫婦がレスになってしまう恐れもあるのです。特に年齢が上がっていくにつれてセックスレスの割合は増えていきます。このような現状に危機感を抱く必要があるでしょう。基本的にセックスの頻度が少なくなってくると、パートナーとの関係も冷めてくるからです。熟年離婚の原因にもなってしまうことがあるでしょう。そのような危険性があることを十分に理解する必要があります。一般的に日本人は外国人に比べるとセックスの頻度が少ないと言われているのです。その為、少しセックスをしない期間が長引くと、すぐにレスになってしまうと考えられます。一人一人が危機感を持つようにしましょう。